住民基本台帳法の一部を改正する法律の施行に伴う「戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書」等の様式の改正について

2013年3月26日職務上請求書

1.「戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書」の様式改正について
標記の件については、平成24年7月9日に「住民基本台帳法の一部を改正する法律」(平成21年法律第77号)が施行され、外国人住民が住民基本台帳法の適用対象に加えられるとともに、外国人住民に係る住民票が作成されることとなりました。
これにより、今後外国人住民に係る住民票の写し等を請求することが可能となることから、日税連において策定する「戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書(日本税理士会連合会統一用紙ヒナ型A)」及び「戸籍謄本・住民票の写し等請求書(日本税理士会連合会統一用紙ヒナ型B)」(以下「職務上請求書等」という。)の様式を改正いたしました。
なお、平成25年4月1日以降は、旧様式は一切使用できませんのでご注意ください。

2.職務上請求書等(新様式含む。)の入手方法について
職務上請求書等は管理番号を付した税理士会の統一用紙ですので、所属の税理士会から取得してください。

<資 料>

戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書(ひな型A見本)【平成24年7月9日以降の新様式】[PDF/112KB]

戸籍謄本・住民票の写し等請求書(ひな型B見本)【平成24年7月9日以降の新様式】[PDF/121KB]

※上記は見本です。正式版の入手方法については2をご参照ください。