「調査の終了の際の手続に関する納税義務者の同意書」(ひな型)の掲載ついて

2016年1月15日税務調査の終了の際の手続に関する納税義務者の同意書

平成25年1月より、国税通則法等の改正が施行され、税務代理人がある場合の調査結果の内容の説明等について、同法第74条の11第5項に、納税義務者の同意がある場合、税務代理人に対して行うことができるとされました。
この場合における同意の有無の確認は、
(1) 電話または臨場により納税義務者に直接同意の意思を確認できた場合、
(2) 納税義務者の同意の事実が確認できる書面の提出があった場合、
のいずれかにより行うこととされています。
そこで本会では、上記(2)の書面のひな型を作成しましたのでお知らせいたします(一部文言修正を行いました)。

「調査の終了の際の手続に関する納税義務者の同意書」(ひな型)(平成28年1月)[PDF/64KB]

「調査の終了の際の手続に関する納税義務者の同意書」(ひな型)(平成28年1月)[WORD/24KB]

※一部でword文書が開けないとの報告があり現在調査中です。word版が開けない場合はPDF版をご利用ください。なおword文書について、右クリックのうえ文書を保存していただくと開ける場合もあるとのことです。

なお、当該ひな型は、税理士と納税義務者との間で取り交わした上で、税務署長に提出するものです。
また、税務調査手続に関するFAQが国税庁HPに掲載されていますので、そちらも合わせてご参照ください。

関連情報
国税庁ホームページ
「国税通則法等の改正(税務調査手続等)」について
税務調査手続に関するFAQ(税理士向け)