電子申告Q&A-その他

1 税理士交代時のルール

10-1-1税理士の交代により予測されるトラブルを教えてください。
 税理士の交代時における、利用者識別番号、利用者ID(以下、利用者識別番号等という。)または利用者情報に登録されているメールアドレスの取扱いにより、以下のようなトラブルが予測されます。

  • 関与を解消した税理士(旧税理士)が、故意にあるいは誤って納税者の利用者識別番号等を使用してメッセージボックスの内容を閲覧することにより、納税者から不正アクセスに該当すると指摘を受ける。
  • 旧税理士が納税者の利用者識別番号等を使用して勝手に修正申告などをしてしまう。
  • 納税者に利用者識別番号等を返却しないことにより、納税者が新たに利用者識別番号等を取得しなければならないこととなり、その結果、過去の申告内容が閲覧できなくなってしまう事態となる。
  • 旧税理士のメールアドレスが利用者情報に登録されたままになっている場合、関与を解消した納税者に関する還付や予定納税等を通知するメールが旧税理士に引き続き送信されてしまう。
10-1-2税理士の交代時にはどのような点に注意しなければなりませんか。
 旧税理士は、関与を解消した後に納税者の利用者識別番号等を利用した行為を一切してはならないことはもちろんですが、10-1-1のとおり、様々なトラブルが予測されることから、税理士が交代する場合には、利用者識別番号等の取扱いについて充分に注意する必要があります。
旧税理士は、関与解消後に納税者の合意のもとに保管している利用者識別番号等を納税者に確実に引き渡し、暗証番号の変更と利用者情報に登録されている旧税理士のメールアドレスの抹消を指導してください。
関与解消時に電子申告の利用取りやめの手続を行えば、従来使用していた利用者識別番号等と暗証番号が使えなくなるので、旧税理士の立場からトラブルを防止する手段として有効な方法と言えますが、納税者はその利用者識別番号等でシステムにアクセスできなくなり、メッセージボックス内の過去の情報を閲覧できなくなってしまうといった不利益を被るため避けた方が望ましいと考えられます。
また、新たに関与を開始した税理士(新税理士)は、納税者から利用者識別番号等を受け取ったら次の点を確認してください。

  1. 暗証番号が変更されているか
  2. 旧税理士のメールアドレスが利用者情報から消去されているか

暗証番号の変更、旧税理士のメールアドレスの消去が行われていない場合は、納税者に対して指導・援助をしてください。
納税者から利用者識別番号等の情報を得られない場合の対応については、10-1-4を参照してください。

10-1-3関与税理士が交代する場合の手続について時系列で教えてください。
 関与税理士が交代する場合に必要な手続の一例として、次のようなものがあります。

1.旧税理士
  1. 関与解消の決定
  2. 納税者の利用者識別番号等及び暗証番号の返却
  3. 暗証番号の変更(注1)、自己のメールアドレスの消去の指導
  4. 関与解消
2.納税者
  1. 利用者識別番号等及び暗証番号の受取り
  2. 旧税理士の関与解消
  3. 新税理士の関与開始
  4. 新税理士へ「電子申告に係る利用者識別番号等の利用同意書」により利用者識別番号等の通知
  5. 暗証番号の変更、旧税理士のメールアドレスの消去、新税理士のメールアドレスの登録
3.新税理士
  1. 関与開始
  2. 納税者から「電子申告に係る利用者識別番号等の利用同意書」により利用者識別番号等の受取り
  3. 納税者の暗証番号の変更、旧税理士のメールアドレスの消去及び自己のメールアドレスの登録の指導・援助
  1. 後任の税理士が決まっていないなどの理由で、納税者が速やかに暗証番号の変更を行うことが出来ないと判断される場合には、e-Taxについては「暗証番号等の再発行」の手続をしてください。eLTAXについては、暗証番号の変更、再発行の手続は対応ソフトがなければ出来ないので、そのような場合には利用届出(廃止)の手続してください。eLTAXはメッセージボックスの情報の保存期間が短いので実害はないものと思われます。
  2. 関与税理士の変更に関してのe-Tax、eLTAXの届出、手続は必要ありません。
10-1-4納税者から情報が得られなかった場合どうしたらいいですか。
 税理士が交代する場合、原則として納税者から新しく関与することになった税理士に利用者識別番号等を知らせるべきです。
なお、納税者が利用者識別番号等を紛失してしまった場合、さらに旧税理士からも通知がなく、以前の利用者識別番号等を入手することが不可能な場合は、e-Taxホームページからオンラインで「開始(変更等)届出書」を提出してください。
また、いったん電子申告を取りやめる届出を行い、新たに利用者識別番号等を入手する方法もありますが、その場合、取りやめた利用者識別番号ではログインできなくなることから、従前の利用者識別番号におけるメッセージボックスは閲覧できなくなります。

(参考)変更届出と取りやめ届出(※)との比較
変更届出 取りやめ届出による再取得
利用者識別番号 変わらない 新規取得
暗証番号 再登録 新規登録
電子証明書 再登録 新規登録
納税用確認番号 変わらない 新規登録
利用者識別番号等の通知(書) 書面による通知 オンラインによる即時通知
メッセージボックス内データ 残る 消滅
 この場合「変更届出」とは変更等の欄の「暗証番号等の再発行」を指し、「取りやめ届出」とは「国税電子申告・納税システムの利用の取りやめ」を指す。

2 ID、パスワード(PW)の管理方法

10-2-1各種ID、パスワード(PW)があり、それぞれ文字数や有効期限が異なりますが、忘失や入力ミスを防ぐような管理方法はありますか。
 電子申告を行うために必要な番号等は以下のとおりです。これらの番号はいずれも厳格に管理してください。

e-Tax(国税電子申告)で受付システムに接続し、申告・納税するため必要なもの
  1. 利用者識別番号
  2. 暗証番号
  3. 納税用確認番号(ただし、①、②があれば随時変更は可能)
eLTAX(地方税電子申告)でポータルシステムに接続するために必要なもの
  1. 利用者ID
  2. 暗証番号
電子署名で必要なもの
  1. PINコード

 それぞれについての管理上の注意点は以下のとおりです。

e-Tax
  1. 利用者識別番号(いわゆるID)・・・半角16桁の数字。利用の取りやめをしない限り、変更はありません。
  2. 暗証番号(いわゆるパスワード(PW))・・・開始届出書のオンライン申請により即時取得した場合は、申請した暗証番号を使用することとなります。
    セキュリティ確保の観点から定期的に変更してください。なお、変更後3年間変更がありませんと、受付システムに接続できなくなり、変更後再度接続できるようになっています。3年経過後、暗証番号の変更画面がログイン時に現れます。旧暗証番号を入力し、新暗証番号を2度入力したうえで、新暗証番号を送信してください。その際、旧暗証番号と3文字以上異なる文字を使用することが条件となっていますので注意が必要です。
    利用できる文字・数字や文字数が限定されています(詳細は「3.電子申告の開始手続」3-3-1をご参照ください。)。
  3. 納税用確認番号・・・初期登録で半角6桁の任意の数字を登録します。電子納税を行う場合に利用者識別番号とともに必要となるものですので、忘失等に注意して管理してください。納税者自身がログインするためには、納税用確認番号等の登録が必要となりますので、開始届出書のオンライン申請時に登録しておくことをお勧めします。
eLTAX
  1. 利用者ID・暗証番号(いわゆるパスワード(PW))はホームページ上でID及び仮暗証番号が発行され、電子メールで手続完了通知があります。
  2. その後、暗証番号の変更を行います。
第三世代税理士用電子証明書(有効期限2017年7月31日まで)
第四世代税理士用電子証明書(有効期限2021年12月31日まで)
PINコード・・・初期値は6桁の数字で、数字とアルファベット、記号等の混在した4~8桁が設定可能です。電子署名を行う際に必要(PINコード入力必須)です。

【参考】公的個人認証サービスの電子証明書(住基カード搭載、有効期限3年)
  1. 電子証明書用パスワード・・・電子署名を行うために必要です。税理士用電子証明書のPINコード(アクセスパスワード)に相当するものです。アルファベットは全て大文字です。
  2. 住基カード用パスワード・・・4桁の数字。市区町村の窓口等において住民基本台帳ネットワークシステムに接続する際に必要なので、電子署名用とは区別する必要があります。