電子申告・その他

電子申告に関する要望事項

日本税理士会連合会では、毎年、電子申告の問題点及び課題を税理士の視点から抽出し、「電子申告に関する要望事項」を取りまとめ、国税庁と地方税共同機構に提出しています。令和元年度では、e-Taxについて「税理士の代理送信について、税理士であることを証明できる仕組みを設けること」「行政手続きの電子化に際して、円滑な税務代理が行えるよう配意すること」「メッセージボックスのセキュリティ強化に関し所要の改善を図ること」「添付書類等のイメージデータによる送信について改善を図ること」など18項目、eLTAXについて「税理士の代理送信について、税理士であることを証明できる仕組みを設けること」「利用時間を拡大すること」「個人住民税の申告に対応すること」など20項目を取り上げています。

関連情報

その他